PROJECT REPORT

WEB, MARKETING
株式会社染工房夢祐斎
「ニッポンを体験」する嵐山祐斎亭。顧客目線かつ運営側にも使いやすい予約システム

プロジェクト概要

株式会社染工房夢祐斎が運営する「嵐山祐斎亭」は、日本を代表する染色作家「奥田祐斎」先生の「夢こうろ染」の展示を始め、圧倒的な日本美を追求した施設や景観を楽しみに、近年訪れる人が増加の一途を辿っています。

特に京都の観光シーズンともなれば、嵐山の移りゆく景色や川のせせらぎ・鳥の囀りを五感で感じることができ、まさに「ニッポンを体験」できると大変人気な観光スポットとなっています。

この祐斎亭を通じて「日本人に誇りを取り戻してもらいたい」と考える奥田祐斎先生は、祐斎亭の改修を進めるとともに、顧客の利便性や、運営管理のシステム化に積極的に取り組んでおります。ストラテジーデザインはIT/DX分野にてCS(Customer Satisfactionの略)の向上をサポートしております。今回は第一弾として、予約システムの変更についてご報告させていただきます。

1日1,000人超にも対応できる予約システム

嵐山祐斎亭は、観光シーズンになると、連日1,000人を超える人が訪れるスポットです。できる限りお客様をお待たせする時間を減らす事で、時間の限られる観光時間を有効に活用してもらえるよう、予約して来場していただく仕組みとなっております。

予約は祐斎亭のHPより受け付けており、当日予約も可能なので、気軽に予約する事ができます。

しかし、当時使用していた予約システムは基本的に飲食店向けであったため、多数の来場がある祐斎亭には以下のような問題を抱えていました。

 

  1. 時間帯別に何名の予約が入っているか一目でわからないので、予約名をみて人数をカウントしなければならない
  2. 予約人数によって課金されるシステムであったため、月間数万人の来場がある祐斎亭にはコスト高となっていた
  3. HP上に組み込むことができなかったため、お客様は専用の予約サイトにジャンプしないと空き状況が確認できなかった

特に1.については、データまたは印刷した紙を確認し、30分単位で入っている予約人数をそれぞれカウントして、館内の混雑状況に応じて、予約なしで訪れた当日入場希望の方を案内するという作業を行なっていました。

このままでは、いつお客様にご迷惑をお掛けするかわからないということで、新たな予約システムの導入を検討しました。

予約システムを独自に構築することも可能であったが、初期投資を抑える為、すでに公開されている予約システムサービスから導入を進めることにいたしました。

昨今、予約システムサービスは多数乱立しており、Webサービスを一つ一つ検証する作業は容易ではなく、弊社側で一括してそれぞれの特徴を整理し、祐斎亭様にとって最善の方法を検討させていただき、その中から上記問題をクリアできるAirRESERVEを今回は提案させていただきました。

 

導入決定後は、HPへの組み込みはもちろんのこと、初期設定やプラン設定の方法を確認し、操作方法をお伝えさせていただきました。

これにより、運営フローが簡素化でき、お客様対応に注力できるようになれば、さらに多くのご来店に繋がるのではと願っております。

体験を大切にしている祐斎亭では、水鏡にスポイトや筆を用意して、水面にお客様自身で波を起こせるようにしています。このように細部までお客様目線で提案されているのは凄いの一言です。

プロジェクト後記

嵐山祐斎亭様は、お客様にニッポンを感じてもらうにはどうしたらいいか?という大きな目標に真摯に向き合い、祐斎先生の独創的なアイデアをスピーディに実践されております。

今回の問題も、先延ばしせず、即座に実施できるものはないか?と円滑な会場運営に必要なものをいち早く取り入れたいという要望を叶えるためにご提案させていただきました。

私たちが求められていることは何か?できることは何か?を素早く察知し、具体的に落とし込むという一見簡単なことでも精一杯行い、今後もお役立ちできるよう頭の体操を行なっていきたいと思います。

  • クライアント名:株式会社染工房夢祐斎
  •  PD:北川 聡